KenMiki & Associates

りんごデザイン研究所

4月24日(火)大阪芸術大学(芸術情報センター図書館内)に[りんごデザイン研究所]が開設されます。誰もが知っているりんごを通してデザインの基礎を学ぶ教育メソッドが展示されている常設展示室と、セミナーや企画展が開催できる教室を併設した施設です。5年前に考案したデザイン学科の基礎実習ですが、考え方の考え方・作り方の作り方・伝え方の伝え方・学び方の学び方といったデザイン・フィロソフィーを楽しく理解できる内容になっています。
これまでに取り組んできた授業→講演→出版→展覧会といった国内外での活動が全て網羅される施設です。「デザインって何?」という素朴な質問から「デザイン・シンキングをどのように活用するのか?」など、オープン・エデュケーションを実践するシンクタンクの役目を担えればと考えています。研究機関としての大学の魅力をもっともっと知っていただきたいという思いから一般の方も自由にご覧いただくことができます。
開館日時は、図書館の開館に合わせています。図書館カレンダーをご覧いただきお間違えないようお確かめください。
http://osaka-geidai-lib.jp/calendar.html

APPLE_OsakaUV_B1_520px

大芸常設_告知チラシ_ura

2018

あけましておめでとうございます。
2018_happy_new_year

2017 →

上を向いて歩こう

ほらっ!明日がそこまでやってきた

旧年中はいろいろとお世話になりました
新年もどうぞよろしくお願い申し上げます

2017→

Every day is a Good day

元気・勇気・根気
日々是好日

3trees_1

3trees_2

3trees_3

dna 2017 | APPLE+ [SHANGHAI] OPEN

上海の人民公園内にある美術館、Museum of Contemporary Art Shanghai:MOCA Shanghai(上海当代艺术馆)にて『APPLE+展』が2017年10月13日(金)-12月4日(月)まで開催されています。
『APPLE+展』は、この美術館(MOCA Shanghai)を皮切りに、5年をかけて中国を巡回する計画が立てられています。それぞれの会場で異なる空間体験ができるようになればと考えています。今回の展示は、天井と床に鏡の貼られた空間があり、壁に投影された映像が天地へ延々と繋がっていく仕掛けや、人の動きに合わせ映像が動くスリットアニメーションによる『APPLE+展』専用ミュージアムショップ、スロープに設置されたiPadによる一本線のりんごアニメーションなど、大人はもちろん小さな子供たちが楽しんでくれることを想像しながらデザインしました。そして、Selected Worksという日常の仕事の展示では、APPLEのコンセプトがどのように繋がっているかを分かりやすいインフォグラフィックスで紹介しています。また、ミュージアムのレストランでは『APPLE+展』のために期間限定の青りんごのアイスクリームをパティシエが作ってくれました。僕の考えるAPPLE PARTYのコンセプトをよく理解した素敵なサプライズに感謝の思いです。「喜びをリレーする」。デザインは、お客さまのその先のお客さまが喜ぶ顔を想像することがとても大切です。このプロジェクトに関わるみんなの笑顔がどんどん広がって、世界中の多くの方々に「APPLE+展、見たよ!」と言っていただけることを願っています。

shanghai_01 shanghai_02 shanghai_03 shanghai_15 shanghai_13 shanghai_04 shanghai_14 shanghai_05 shanghai_06 shanghai_17 shanghai_18 shanghai_08 shanghai_09 shanghai_10 shanghai_11 shanghai_12 shanghai_16

dna 2017 | APPLE+ [SHANGHAI]

会期:2017年10月13日(金)- 12月4日(月)
   10:00-18:00(入場は17:00まで) 休館なし 入場料 80元
会場:上海当代芸術館 Museum of Contemporary Art, Shanghai
   上海市南京西路231号人民公園内
   +86 21 63279900
   http://www.mocashanghai.org
主催:上海当代芸術館・上海美術設計有限公司・上海当代芸術館基金会
共催:三木健デザイン事務所
後援:在上海日本国総領事館、大阪芸術大学


shanghai_credit